読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓜生のウッド

自分で出来るニキビへの対応は、いくら眠くても化粧は必ずとって就寝することです。
メーキャップすることにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌を一休みさせてあげたいのです。



メイク落としにも気を配っています。

オイル系や拭い取るタイプなど色々試してきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。母親がすごくニキビ肌で、私も中学校の時からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今でも、よくニキビができてしまうので、お手入れは意識してしています。また、三歳になる娘もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまり始めています。涙ぐましいことに必ずニキビ肌になりそうです。遺伝とは怖いと思いました。



私が20歳の際、背中がとても痒くなったので確かめてみると、無数の吹き出物が確認できたんです。
すぐに皮膚科で見てもらいました。その結果、医師から、「背中の吹き出物はニキビと判明しました。

原因は偏った食べ物なんですが、脂肪を多く摂りすぎているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。チョコほどニキビができやすい食べ物はないそうです。


ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ん坊には起きません。乳児によくあるのは、一般的なのはオムツかぶれなどのかぶれでしょう。赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、すぐにかぶれが起きてしまいます。ニキビはかぶれとは同じではありません。

赤ちゃんの素肌に何か異常がおきてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。肌のつやを保ちつつ、きれいに落とすことが、ニキビ対策には欠かせません。
特に大人ニキビのケースは、乾燥はもってのほかとされているため、洗顔のポイントは皮脂を取り除きすぎないことです。
その見込みがあるのが牛乳石鹸です。ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、肌を乾燥させずに汚れも落とし、ニキビケアに効き目あり!なのです。ニキビをできにくくする飲み物は、まだありません。しかし、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌荒れになる事があるので、やめた方がよいのです。


ニキビと肌荒れは別ですが、肌にいけない事をすると、ニキビをひどくする原因にもなりかねないのです。ニキビがひどくなって炎症をおこすと、顔を洗おうとした時などにちょっと触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。



そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、いくら気になっても指で触ったりすることは絶対にやめてください。触ってしまうと痛いだけでなく、指から雑菌が入るために、さらに炎症がひどくなる可能性があります。実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20代以上になるとニキビと言ってはいけないなんていう話をよく聞きます。つい先日、久々に鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、からかわれました。

吹き出物が出来てしまうと気分が滅入ります。
でも、実はお肌の調子ってお腹の中の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、さっぱり消えてくれます。

快便生活を始めるためにりんごなどの食物繊維豊富な果物を食べて、いらないものを体から排出していったら、吹き出物もさっぱりなくなります。


ニキビを気にしているからといって顔を洗いすぎてしまうと、本当は必要だった油脂まで落としてしまい、よりニキビがひどくなることもあります。



どんなに多く見積もっても洗顔は一日二回までを守りましょう。

大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、肌に直接手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。



ニキビが完治しないときは、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしなければなりません。完治しないニキビの原因は、体内のホルモンバランスが一定でなかったり、暴飲暴食、化粧品が毛穴に残ってしまっているなど、ニキビの原因には様々なものがあります。

ニキビが繰り返される本当の原因をきちんと知った上で、その原因にあった方法でケアをしましょう。

白く痛々しいニキビが出てくると、いじって中身を出してしまいます。



ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがどうにも好きでやめられないのです。ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。



そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、また白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、再びつぶしてしまうのです。ニキビが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、先生に診てもらうことにしました。

医師から、薬を処方するので、塗って様子をみてくださいと言われ、ステロイド系の塗るタイプの薬を処方されました。

ステロイド系の塗り薬の効果は素晴らしいものですが、強い薬ですので、患部が治ってきたら塗る回数を少なくしていかなければならないそうです。アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有したり、肌に直接触れてほったらかにして洗わずにいると、他の人のニキビがうつることがあります。
また、手で自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。ニキビに使う薬というのは、様々です。当然ですが、専用のニキビ薬の方が効果的です。

でも、軽い程度のニキビだったとしたら、、オロナインでも大丈夫です。


効能・効果の欄にきちんと吹出物ややけど、ひび等と一緒に、書いてあります。

吹き出物を防ぐために、毎朝、フルーツを摂取するようにしています。
季節季節、の旬の果物を欠かさずに摂取しています。食事でフルーツを摂取するようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でもニキビが現れなくなりました。



便秘が治ったことも、ニキビが発生しなくなった理由の一つと言えるかもしれません。ニキビ対応に栄養管理が必須です。


脂質や糖質を多く含有している物を取り過ぎることはニキビの一因になります。
チョコなどのお菓子は脂質も糖質も多く含むので、あまり取り過ぎないようにした方がベターです。カカオが多く含まれ糖質の少ない物は肌にもいいので、何としても食べたい時には成分表をよく確認しましょう。ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。
初めてピーリングを行った時は、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。
そのため、なんだか怖くなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、ヒリッとした感覚が消えて、ニキビがすごくキレイに治りました。

それからは、ニキビができるとピーリングを行うようにしています。



ニキビと食事内容は密接に関連性をもっています。

正しい食生活をすることはニキビに良い影響を与えることにもなります。
食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルを多量に摂取しましょう。
野菜に多く含まれる食物繊維は、便秘を解消する側面もあり、ニキビを減らす効果があります。


妊娠期間の初期の頃にはホルモンバランスの乱れが原因となってからお肌にニキビができやすくなります。
また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビが出来てしまう原因になります。

ですがだからといって、抗生剤などを使用をすることはできません。

ホルモンバランスを整えていけるように、とにかくリラックスをして、体を静養させましょう。