読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒカゲチョウだけど矢沢

私のニキビケア方法は、どんなに寝たくてもメイクは必ず洗い落として寝ることです。
化粧を施すことにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌を一休みさせてあげたいのです。メイク落としにもこだわっています。オイルで落とすタイプやシートで拭うタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。


女性に独特なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンの分泌の乱れが影響しています。女性ホルモンのバランスは、ストレスを感じるとすぐに乱れてしまうと発表されています。

また、中でも生理前は女性ホルモンに大きな乱れを生じさせます。



生理直前にニキビを気にされる女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。日頃から顔を洗って清潔を心がけていても、ニキビができることは誰しも感じることがあるでしょう。ニキビを防ぐには、顔を洗って清潔を心がけるのはもちろんですが、健康的な食事をとり十分に睡眠時間を確保するといった体調の管理も重要になってきます。
寒くなってくると、乾燥を気遣って皮膚のケアをしますが、そのようにすることが反対にニキビが増える要因になっているように思うことが時々あります。
いつもは使用しないような化粧品などを使用することが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。

どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいじゃないの?と疑問に思う人も少なくないかもしれません。
当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は乾燥した肌になり、それが原因でニキビができてしまうのです。ニキビが気になってしまうからといって顔ばかり洗い過ぎると、本当は必要だった油脂まで落としてしまい、かえってニキビが悪化する原因ともなります。



多くても洗顔は一日二回までを守りましょう。

大切なことは洗顔料をしっかりと泡立てて、直接肌に手を触れさせずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。

炎症を起こした状態のニキビは、洗顔の際などに少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。

そのため、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても決して指で触らないでください。



触ると痛いからというだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。
一般的にニキビになると潰してしまうのがほとんどです。



しかし、潰すと跡が残るのでやめろ、というのが常識的な意見です。極力早く治すには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。


潰したニキビ跡にも効能があります。


洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、ニキビ箇所だけに薬を塗るようになさってください。ニキビが完治しないときは、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアが必要不可欠になります。


なぜニキビが繰り返されるかというと、乱れたホルモンバランスや悪い食習慣、化粧品が肌荒れを起こしてしまっている等、様々なことが原因として挙げられます。



繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、根本的な治療を行っていきましょう。



昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。



医師から、薬を処方するので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。

ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、強い薬の為、患部が改善してきたら塗る間隔を少量にしていく必要があるそうです。



角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビができてしまう理由のひとつです。
気になるのでつい角栓を指でつぶして押し出すと、それが原因でニキビ跡となってしまいます。
角栓ができてしまわないように、それを悪化させないようにするには、しっかりとした保湿を怠らないこと、毛穴にあまり皮脂が溜まらないようにすることが、重要です。

毎月、生理が来る頃になるとニキビになる女性は結構多いと思います。

ニキビが出てしまう理由として、ホルモンのバランスが崩れ、肌の状態が悪くなってしまうのと、特に生理が来るまえにはどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビが出てしまうことが少なくないのでしょう。


私が20歳のこと、背中が大変痒くなったので見てみると、たくさんの吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科にを訪れました。


すると、病院側から、「この状態はニキビです。


原因は偏った食べ物なんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」と聞かれてしまいました。


チョコが何よりもニキビができやすいそうです。ニキビを予防するために気を付けないといけないのは、菌がつかない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付着したままでいる、例えば、枕を長年洗っていない、手で直接肌に触れるといったことは、お顔に菌を塗っているようなものです。



常に清潔にいれるように意識していきましょう。

後から後からできる、ニキビは潰して良いのでしょうか。実は、潰しても問題ない状態のニキビと潰してはダメなニキビとがあります。


潰して良い状態のニキビは、ニキビの炎症がそろそろ落ち着いてきて、ニキビの内に溜まった膿が白く盛り上がってきた状態のものです。

こんなニキビの状態は、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、専用の器具を使うのであれば、潰してしまっても問題ないでしょう。
顔ニキビの防止をしたり、出来たニキビを治すには、バランスの良い食事をすることが大事です。特に野菜を多く摂っていくことは極めて重要なことだと思います。


野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれていますから、そのようなことを意識して摂ることが一番良いのです。
顔ではないところで、意外にもニキビができやすいのは背中なのです。背中は自分で見えないため、背中にニキビができてしまっても、気づかないことがあります。

でも、背中のにきびでもケアをきっちりしなければ痕になってしまいますので、注意しましょう。実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳以上になるとニキビではなく吹き出物といわなければならないなんて言う人もいます。先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きなニキビが現れたので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、言われました。

ニキビと食事内容は密接に関連性があります。食生活を見直すことはニキビが減ることにもつながります。


野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルを意識して取りこむようにしましょう。
食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘解消にもつながることから、ニキビを減らす効果があります。

やっぱり、顔にニキビが出来ると気分が滅入ります。
でも、実はお肌の調子ってお腹の中の調子と深く関係があるらしいので、お腹の中の環境を整えたら、意外ときれいになくなってくれます。
まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維が豊富なものを意識的に食べて、いらないものを体から排出していったら、ニキビもきれいに消えてしまいます。